台湾で有名な二世タレントである欧陽娜娜(オーヤン・ナナ)は今年で18歳の誕生日を迎え、天才チェロ演奏家として有名です。

彼女の家族で最も知られているのは、女性歌手で伯母の欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)さんです。

また父親は元俳優の欧陽龍、母親は女優の傅娟、台湾では有名な芸能一家と言えます。

小さい頃から欧陽家の三人姉妹もよくバラエティー番組を出演し、Nanaのチェロの演奏や音楽の才能など世間に披露し一躍人気者になりました。

しかし姉の欧陽妮妮(オーヤン・ニニ)のデビュー後は、姉の色々な不適切な行為などによって家族へも批判が集まり

Nana自身も『芸能活動を集中するために休学する』と、休学の理由が芸能活動だった為に更に批判の声が上がりました。

その様子はマスコミに連日報道されました。

多くの批判や疑いの声が飛び交っていてもNanaの知名度と人気に陰りはなく、映画やテレビ、音楽コンサートなど様々な方面からのオファーが相次ぎ、10代の若手タレントの中では最も活躍しています。

スポンサーリンク

欧陽娜娜(オーヤン・ナナ)プロフィール

View this post on Instagram

 

Nanaさん(@nanaouyang)がシェアした投稿 -

名前:欧陽娜娜(オーヤン・ナナ)
English name:Nana
生年月日:2000年6月15日(18歳)
出身地:台湾台北市
星座/血液型:双子座/AB
家族構成
伯母:欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)、父親:欧陽龍(オーヤン・ローン)、母親:傅娟(フ・ジュアン)
姉:欧陽妮妮(オーヤン・ニニ)、妹:欧陽娣娣(オーヤン・ディーディー)
アルバム:2015年「15」、2017年「Cello Loves Disney」
出演映画:2014年「北京愛情故事」、2015年「疾風スプリンター」
出演番組:2017年「是!尚先生」

小さい頃から「芸能一家」のお嬢様として育てられ、俳優の両親と一緒にテレビ番組を出演していたNanaは5歳からチェロを習い始めました。

わずか12歳で初コンサートのソリスト(ソロで演奏をする演奏家)として演奏し、13歳の時にアメリカのカーティス音楽学校に入学しました。

その時から「天才チェロ」演奏家と呼ばれています。

スポンサーリンク

芸能活動の為に休学、二世タレントとしてデビュー

最初は姉の欧陽妮妮(オーヤン・ニニ:Nini)が先に芸能界デビューしました。

SNSを通じて投稿した写真の中に2人姉妹の素顔がよく見えます。

(左がNana、右が姉のNini)

Niniの天真爛漫とは違い、Nanaの落ち着くオーラ、長年の音楽を学んできた、気品がある美少女というクリーンな印象は多くの人に好かれる存在でした。

しかし2015年に「芸能活動を集中するために休学」という決意を表明したことで

「欧陽姉妹やっぱりお金が大事、音楽の夢とかは嘘だ!」

「少し有名になっただけですぐ学校を辞めるなんて、甘くない?」

こうした、たくさんの嫌味な発言、また情報番組でも批判の声などが続出していました。

それからシェネルコレクションに招待され、空港で全身シェネルを身に着付けた写真をアップした際には、更にネット上で叩かれ、非難の声が上がりました。

その時から彼女たちの言動は、常マスコミのネタとして報道されていました。

スポンサーリンク

批判があっても、若者からの人気は急上昇!

15歳でデビューしたNanaは注目を浴びる中、チェロのアルバム「15」を発表。

彼女の透明感のあるキュートな顔が台湾だけでなく、中国でも大人気になり多くの映画に起用されました。

そして批判があっても、若い世代からは絶大な人気があり、インスタのフォロワー数は約160万人にもなります。

テレビ番組やCM、ドラマ、音楽のコンサート等々、休学からの3年間は、凄い量の活動をしてきました。

最近では日本ブランド「SHISEIDO」のCM(台湾バージョン)にも出演しました。

今年最後のコンサートが終わった時にアメリカのバークリー音楽大学に入学する予定を明言し、これからは学生として音楽の勉強をもう一度始めています。

オーヤン・ナナについてまとめ

学生に戻ったNanaはVlogを作って自分の日常生活の映像と動画などをYoutubeに投稿し、そのプライベートな雰囲気はとても親近感も感じるので、ファンとの距離を縮め、新たな視聴者も多くなっています。

三年前の騒動を振り返ったNanaは

「今でも休学には後悔しません。今しかないチャンスだとしたら、いろんなことを試してみないと…。」

彼女は批判的なコメントを受けながら、自分らしくやってみたいことをやり切りました。

「ただの親の七光りなんじゃない」と思っている人が多いのですが、実力がなければ芸能界でも長続きはできません。

いつか彼女は卒業して一人前の演奏家、それともタレントとして更に輝くことができるのか、一緒に期待しましょう。

おすすめの記事